二人暮らし 引越し

安く引越しできた体験談!

同棲や結婚などで、二人暮らしの引越しをする場合、こんなことが不安じゃありませんか。

  • 彼氏(旦那)と彼女(嫁)の家、2ヵ所で荷物の積み込みや、積み下ろしができるか
  • 荷物の量が二人分だから、料金が高くなりそう。安くできないか

 

実は、私も二人暮らの引越し経験者です。その時、格安で引越しすることができたので、その体験談と、安く引っ越す方法について書きたいと思います。

 

まず、私たちの場合は、東京都内の、大田区と世田谷区にそれぞれ住んでいました。新しく引越しする場所は武蔵野市です。いずれも同じ区内ではありませんので多少離れていますが、それほど遠い場所というわけでもありません。

 

新しい部屋のイメージ写真

 

荷物の量は、私がワンルーム、彼女が1Kの間取りに住んでいましたので、まあ、だいたい似たような量です。ごく標準的な一人暮らしのスタイルでした。それぞれが1台ずつ冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、テレビなどの家電、チェストやテーブルなどの家具をもっていました。引越しするにあたって、冷蔵庫や洗濯機といった超大物は、年数が古い方を処分することにして、まだ使える電子レンジ、炊飯器などだいたいの家電・家具は、とりあえず2つとも新居に持って行くことにしました。ですので、荷物の量は多い方だったと思います。ちなみに二人暮らしの新居は2Kですが、押入れより一回り大きな収納が2ヵ所もありました。

 

さて、ここまでは二人の話し合いで決められたのですが、問題は、2ヵ所での引越しと、その料金。困っていたときに見つけたのが、引越しの一括見積もりというサービスでした。

 

このサービスは、パソコン(スマホでもOK)から簡単な引越し内容を打ち込むだけで、複数の引越し業者から見積りをもらえるというもの。無料でしたの早速使ってみました。すると、サカイやアリさんマークなど大手を中心に全部で5社くらいから、見積りをもらえました。メールでくれるところもあれば、電話をくれるところもあります。

 

パソコンに引越し情報を入力していくときにオプション選択画面から、「梱包作業」、「不要品処分」、「エアコン着脱」などオプションを選べます。「立ち寄り」という項目もあり、ここにチェックを入れたので、各社それを含めた料金を提示してくれました。立ち寄りというのが、2ヶ所での荷物の積み込みや、積み下ろしを指すようです。

 

サカイ引越センターのダンボール

 

あとは、各社の料金やサービス内容を比較して、一番良いと思った業者と契約するだけでOKでした。最終的には、サカイが最初の見積りより、さらに安くしてくれてここに決めました。3年ほど前なので、具体的な金額は忘れましたが、7万前後だったと思います。

 

結局、この時は立ち寄りという形を取らず、大田区と世田谷区、2ヶ所別々にトラックが手配されるという運びになりました。荷物の量や、経路など、様々な状況に応じて判断されるようです。という感じで、こちらの引越し一括見積もりは、面倒をかけずに最安値を見つけられるため、すごくおすすめです!

 

 

引越しの一括見積もり → 利用者数は既に1000万人を超えたようです。

 

 

見積もりは料金もかかりませんし、もしも、良い業者が見つからない場合は、どことも契約する必要もありません。サカイ、アリさん、アート引越センター、ダックなどの大手を中心に、エリアによっては、地域密着の激安業者などが一括見積もりしてくれます。

 

二人暮らしの引越しは、いろいろいとお金がかかります。引越し料金を安く抑えられるのはありがたかったです。ちなみに、引越し日の日程は、金曜日の仕事を休み、土日をはずしたので、少し安くなった記憶があります。